2021.10.26(TUE)

『夜明けに』歌詞

ニュース内容

作詞作曲:雪野舜

どんな大層で立派なものも 終わりは来るんだね
それを知った上で生きることに意味は見いだせるの?

閉じたノート 曇る気持ち 全てがどうでもよく思える
そんな夜にも傍に居てくれる 何も言わず そう何も

醒めた朝に意味がなくてもいい
君が横に居さえすればそれで
意味の無い世界に意味をつける
それが君なのかななんて
ふいにそう思った

眠れぬ夜中に想うことは いつもあの日のこと
どんなバカやって塗り重ねても 消えてはくれなくて

たまに寂しい顔見せる君 言わずともわかる傍に居れば
君はどんな過去を抱えているの?そっと教えて僕だけに

二度と戻せない失ったもの
誰にもあるよね一つや二つ
心の隙間を埋め合っていく
これが「愛」なのかな なんて
柄にもなく思った

醒めた朝に意味がなくても良い
君が横に居さえすればそれで
色のない世界に色をつける
それが君なのかななんて
いつもより確信に近く
強くそう思った

アーティスト情報

雪野舜

千葉県・ロック