福岡県
インディー・ロック

音樂

0

福岡県北九州を拠点に活動中の3ピースバンド。
シンプルかつ洗練された、しかしどこか温もりを感じるような音楽『シャビィ・ミュージック』を提議する。

ギター、歌/舎長アサダカナ
コントラバス/課長代理
ドラムス/kosuke(助勤)

BIOGRAPHY

2008.04.01
起動
ギターボーカルの舎長アサダカナが、自分の思い描く音楽を形にするために動き出す。
2017.04.01
入口
「大切な曲は、時が経ってもいつまでも人と共に在りつづけるべき」という思いから、音楽の普遍的な魅力を再認識。 気がつけば動き出しから10年経っている事に気づく。 ここまでの間、若干ながらイラストレーターの経験も積んだアサダにより、音楽とアートを手掛ける自主レーベル『onpu舎』が立ち上げられる。
2017.05.01
開始
自主レーベル『onpu舎』を立ち上げたことで、この10年抱き続けた思いを形にする決心をする。 バンド名『音樂』と命名。 福岡県北九州を中心にライブ活動開始。 この時はクラシックギターとコントラバスの2人組での活動。
2018.09.01
発見
ドラマー加入。これまで作られた曲を再編し、カントリー・ブルース・ジャズの要素を取り入れ、かつ現代ポップス要素を活かした現在の演奏スタイルとなる。 ちなみに『シャビィ・ミュージック』のネーミングは、デモを聴いたコントラバスの妹が言った「なんかシャビーやねぇ」の一言から無断で採用する。
2018.10.01
甘露
自主レーベル『onpu舎』を会“舎”と呼ぶようになる。 この頃から、役割分担の意味も込めて、それぞれの呼び名が変わる。 ギター、歌/舎長アサダカナ コントラバス/課長代理 ドラムス/営業主任 ドラムス営業主任は舎外との交流やアイデア出し、 コントラバス課長代理は細部の編曲やSNSの管理・運用、 舎長アサダは自分が舎長である事を舎員に何度も大声で言い聞かせる この業務分担により、飛躍的にバンドが成長を遂げることになる。
2019.04.01
蠱惑
ドラムス/営業主任が公私共に多忙のため、退社。 短期間で【音樂】を成長させた一端を握っていた事を称え、onpu舎より記念品を贈呈 (新しい物販が完成したら黙って勝手に家のポストに投函)予定。
2019.05.01
ギャラクティカ・ファントム
新ドラムス担当にkosuke(助勤)加入。 ジャズ畑出身、植物をこよなく愛し、ヨガの境地を極めた彼の加入により、ライブにフリージャズ要素が加わる。 コントラバスとドラムスのリズム隊はよりディープに、 ギター/舎長アサダカナはより傍若無人に。 調子に乗って物販用に【onpu舎 舎員章】を作成。